旅先でもおしゃれしたい!旅行での服装選び、7つのポイント

スポンサーリンク

心もカラダもリフレッシュし、癒してくれる旅行。

皆さんはどんなお洋服でお出掛けするか、悩んだことはありませんか?

トレンドを取り入れた、女性らしいおしゃれな着こなしも素敵だけれど、出来れば動きやすい服装で行きたいものです。

そこで今回は、旅先で失敗しない、おしゃれな服装選びの7つのポイントをご紹介します。

海外旅行でも国内旅行でも使えるようにしていますので、是非参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

旅先でのおしゃれな服装選び、7つのポイント!

シワになりにくいものを選ぶ

どうしてもスーツケースに入れるとシワになってしまうもの。

旅先でしわくちゃの洋服は着たくないですよね。

中でもシワになりにくいのは、

  • ポリエステル素材
  • ニット類
  • ジャージ素材
  • リネン素材
  • ナイロン素材

などなど。

特にコットン素材はシワになりやすいので要注意です。

元々シワ加工のあるシャツやチュール素材のスカートなどもいいですね♪

畳みジワだけではなく、飛行機や新幹線の移動は座っている時間も長いため、出来るだけシワになりにくい素材を選びましょう。

ちなみに海外など長期旅行の場合は、手洗いしたときのことも考えて、速乾性の服を持っていくと重宝しますよ。

 

汚れが目立たないものを選ぶ

長期旅行でない限り、洗濯もしないはず。

目立つ汚れがあるとテンションも下がってしまいますし、翌日以降着られなくなるので着回しも大変になってしまいます。

特に、歩き回って汗をかくと汗ジミが出来たりしますので白い服は避けたいところです。

白いお洋服も可愛いのですが、黒やグレーなど目立たない服も持っていくようにしましょう!

 

動きやすいものを選ぶ

旅行は動きやすい洋服がいちばんです。

身体を締めつけてしまうような窮屈な服や、かっちりしすぎている服装ではなく、動きやすくて疲れにくい楽な洋服を選ぶようにしましょう。

デニムは、締めつけすぎないもの・ストレッチ効果のあるものを選びましょう。
デニムは重たいですし嵩張りますので、どうしても持っていくなら移動の際はスーツケースに入れるのではなく履いていくようにしましょう。

但し、長時間の飛行機移動がある場合は避けること!
実際にストレッチデニムで搭乗した友人が圧迫感から気持ち悪くなってしまったこともありましたので要注意です。

ちなみに、海外のレストランではデニム不可のお店もありますので気をつけてくださいね。

 

ワンピースを持っていく

リゾートへ行くなら1枚は持っていきたいワンピース。

薄手なものは嵩張らないですし、1枚でサマになるワンピースはオシャレ旅女子の強い味方です♡

でも、実は街中への旅行にもシンプルなワンピースがあると重宝するんですよ!

下にヒートテックなどを重ね着すれば寒いところにも行けますし、もちろん暑いところでは1枚で着ることもできます。

冬の時期はニットワンピがあるといいですね。

上から羽織るものを数種類持っていけばコーディネートの幅も広がります♪

他にも、ディナーでちょっと良いお店でお食事をする場合、いつものワンピースにアクセサリーなどの小物を合わせるだけでキチンと感が出ますよ!

観光するときはスニーカーを、ちゃんとしたい時はパンプスを、などなど組み合わせ次第で色々なシーンに対応が可能なので、ワンピースは1枚あって損はないです( ´ ▽ ` )

ちなみに私は、イタリアなど海外へ行った時はパンプスを現地で購入し、現地で履いておしゃれ気分を味わって、最後に自分用のお土産として持ち帰っていました♪

 

ボトムスは少なく、トップスを変える

ボトムスは1つか2つにし、トップスを毎日変えていく!

旅先で洗濯が可能であれば、もっと少なくても良いでしょう◎

ただ、ボトムスに柄物を持ってくるとコーディネートがしにくくなるので注意。
よほど珍しい柄でない限り、ボトムスが同じだとしてもトップスが違えば着回しは可能です!

スカートもいいのですが、海外の場合は出来るだけミニスカートなどの過度な露出は避けるようにしましょう。

いずれにしても、服はかさばるので必要最低限のものだけ持っていくようにしましょう。
結局着なかった!なんてことがないように。

お土産を入れるスペースも考えてパッキングするといいですね♪

 

ストールや羽織れるものを持っていく

現地が20℃くらいのちょうど良い気温でも、朝晩には涼しくなる場合があります。

急な気温の変化にも対応できるように、ストールや羽織れるものを持参するといいでしょう。

また、リゾート地では屋外では暑くても、屋内では空調が効きすぎて冷えることがあります。
実際にセブ島へ一人旅をした際、暑いと思って薄いカーディガンだけを持参して失敗したことがあります・・・

また、海外の寺院や教会では肌の露出が禁じられている場所も多くありますので要注意です

シンプルなトップスでも綺麗なストールがあれば印象も変わりますよ♪

 

靴は履き慣れているものを

旅行に新しい靴を履いていきたい方もいるかもしれませんが、それは危険!

絶対に履き慣れた靴にしましょう。

女性なら誰しも経験があると思いますが、靴擦れはバカに出来ません。
せっかくの旅行なのに痛くて歩けなくなってしまったら元も子もないですからね。

スニーカーでもご自身に合っていないと靴擦れを起こしたりしますし、重い靴だと長時間歩くと疲れてしまうので、軽くて履き慣れた靴を履いていきましょう!

実際に筆者も、素材が硬いスエードのスニーカーを履いていって靴擦れを起こしたことがあります。

できれば、軽くて動きやすいランニングシューズなどにしましょう。

もしも旅先でトラッキングやハイキングに参加する方は、靴が壊れてしまった場合を考えて、もう一つ替えを持っていってもいいかもしれません。

 

番外編:ここで差をつけよう!おしゃれ旅女子マストアイテム♡

どうしても動きやすい服装だとカジュアルになってしまうもの。

そんな中でも、サングラスや時計、アクセサリーなどで差をつけるとグッとおしゃれ感が出ますよ♡

黒いパンツとサンダルでも、赤いマニキュアをしているだけで女子力が上がりますし、ルーズなアップスタイルでもピアス一つでガラッと雰囲気が変わります。

細かなところでオシャレ女子感を出していきましょう♪

スポンサーリンク

 

まとめ

いかがでしたか?

旅行へ持っていく服を選ぶのは、本当に悩んでしまいますよね。

  • 海外旅行なのか国内旅行なのか
  • リゾート地なのか街中なのか
  • 現地の気温はどうか
  • 宿泊日数はどのくらいか

などなどを考慮して決めていくのがいいと思います。

海外では、治安があまり良くないところでは高価なブランド物は身に付けないようにし、過度な肌の露出も避けるようにしましょう。

いざとなったら現地で購入もありですし、あんまり考え過ぎず、荷造りをする時間も楽しみながら旅行へ行ってきてくださいね( ´ ▽ ` )

 

 

おすすめPR
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です