【2020年最新版】SixTONESメンバーの入所順は?入所日と入所理由を一覧表で説明!

スポンサーリンク

2020年1月22日にデビューする、ジャニーズ事務所のアイドルグループSixTONES(ストーンズ)

実は、メンバー全員が芸歴10年以上というベテランなんです!

そこで今回は、メンバーの入所日・入所の理由(きっかけ)をお伝えしたいと思います。

以前からファンだった方にはよく知られているかと思いますが、よかったら参考にしてみてくださいね♪

スポンサーリンク

SixTONESメンバーの入所日一覧表

 

名前 生年月日 年齢 入所日 ジャニーズ歴
田中樹 1995/06/15 24 2008/04/20 11年
高地優吾 1994/03/08 25 2009/05/24 10年
ジェシー 1996/06/11 23 2006/09/11 13年
京本大我 1994/12/03 25 2006/05/04 13年
松村北斗 1995/06/18 24 2009/02/15 10年
森本慎太郎 1997/07/15 22 2006/10/01 13年

2020年1月現在

年齢順;(最年少から)森本慎太郎→ジェシー→田中樹→松村北斗→京本大我→高地優吾

入所順;(最短年数から)高地優吾→松村北斗→田中樹→森本慎太郎→ジェシー→京本大我

※ジャニーズ事務所の方は、今日で合格!などとは言われないため、ご本人たちですら日にちまでは分からないことも。今回はアイドル誌やテレビ企画などで言われる入所の日付を示しています。

スポンサーリンク

SixTONESメンバー入所理由一覧表

 

名前 履歴書を出した人 入所のきっかけ
田中樹 母親(勝手に) オーディション合格
高地優吾 中学の同級生(知らないうちに) 『スクール革命!』3年J組!新入生公開オーディションで合格
ジェシー オーディション無し 当時Jr.だったジョーイ・ティーに誘われて、直接ジャーニー喜多川社長と対面し、合格
京本大我 オーディション無し ハワイにある飲食店『和さび』に貼ってあった写真を見たジャニー喜多川社長からのスカウト
松村北斗 自分(3回目) ドラマ『クロサギ』に出演していた山下智久くんに憧れて応募、オーディション合格
森本慎太郎 オーディション無し 兄(森本龍太郎)と間違えて声を掛けてきたジャニー喜多川社長の目に止まり、直接スカウト

 

おすすめPR
スポンサーリンク

メンバー入所の詳しいストーリーをご紹介!

田中樹くん

母親が勝手に履歴書を送ってオーディション合格

入所前の2007年、兄・田中聖の初主演作TBS系列ドラマ『特急田中3号』の第1話に兄の幼少時代の役として、当時小学生だった五男・彗とともに出演。

2008年4月20日入所。

中学生になったばかりの頃に母親が勝手に履歴書を送り、オーディション後「Hey! Say! JUMPのライブのリハーサルにきて」と言われ、振り付けを覚えて踊り、いつの間にかジャニーズJr.として出演

引用元;Wikipedia

お兄さんが元KAT-TUNの田中聖くんとあって、コネやスカウトで事務所に入ったのではないかと言われるみたいですが、きちんとオーディションを受けて入所しています。

 

高地優吾くん

中学校の同級生が応募していた「『スクール革命!』3年J組!新入生オーディション」に合格

「『スクール革命!』3年J組!新入生オーディション」に中学の同級生がいつの間にか応募したことがきっかけになり、2009年5月にジャニーズ事務所に入所。

同年5月15日から開催されたKAT-TUNの東京ドーム公演『KAT-TUN LIVE Break the Records』にオーディション通過者数名と共に研修生として出演。

オープニングの、通称ジュニアマンション(ジャニーズJr.が一人ひとりおさまる格子状のセット)に登場。

初めてバックで踊った曲はコンサート1曲目の『RESCUER』。

その後、視聴者一般投票によるオーディション最終選考を経て、5月24日に放送された『スクール革命!』の中で合格者として発表され、1300人を超える応募者の中から同番組の新レギュラーの座を勝ち取る。

引用元;Wikipedia

ちなみに、この公開オーディションでダンスを教えていたのがSixTONESメンバーの田中樹くん

オーディションを見ていた京本大我くんや田中樹くんは、高地優吾くんに投票しなかったらしいです

 

⬇︎本品たちが詳しく話していますので是非

 

ジェシーくん

空手道場の友人からの紹介でジャニー喜多川氏と対面、いつの間にか合格

ジャニーズが何かも全くわかっていなかったが、、当時通っていた空手道場にジャニーズJr.だったジョーイ・ティー入ってきて仲良くなり、誘われたのがきっかけとなる。

ジャニー喜多川が「誰かいいコいない? ハーフっぽいコ」と探していたようで、母と相談し、後日ジャニー喜多川に会いに行く。

特に話もせず、いきなり「なんか買ってきな」と1000円もらい、よくわからないまま踊らされたのが『ザ少年倶楽部』のリハーサルだった。

その2週間後には収録本番で、NHKホールのステージに立つ。

引用元;Wikipedia

ちなみに、ジョーイ・ティーくんは別の事務所で『岩永ジョーイ』として別の道を歩んでいたが、2019年2月に契約が終了し、現在は国外に活動拠点を移しています。

今はもう繋がりはない・・・かもしれませんね。

 

スポンサーリンク

京本大我くん

ハワイにある和食屋さん『和さび』に貼ってあった大我くんの写真(当時小学校6年生)を見たジャニー喜多川氏が、京本政樹さんに連絡し、スカウト(元々お父様は写真にもおらず、ジャニー氏は知らなかった)

京本政樹さんへの連絡後、堂本光一の舞台や滝沢秀明の舞台稽古を見学したところ興味を持ち、自ら進んで舞台や稽古の見学に行くようになる。

KAT-TUNのアリーナコンサートに見学に行った際、楽屋前の廊下で中島裕翔と遊びながら青春アミーゴを踊っている様子をジャニー喜多川が目撃。

「出てみる?」と声をかけられ、初舞台に立った。

引用元;Wikipedia

入所のきっかけについて、お父様がお話をされています。

松本さんの言う通り、『そんなことある?』なエピソードですよね!

小さい頃から可愛かった大我くんならではですね。

ちなみに、ハワイでママさん(飲食店のオーナーさん)と一緒に撮った写真をみて実家に直接電話をしたみたいです。

『ジャニーですけど』と何度も電話が掛かってきたが不審に思って放置。

流石にしつこかったのでついに電話に出てみたら、本物のジャニーさんからのスカウトだったそう。

その電話でKAT-TUNのコンサート出演が決まり、『青春アミーゴ』を2時間で振りを覚えて出演

翌日には新聞に載ったそうです。

さすがジャニーさん・・・というか大我くんも凄いですよね!

松村北斗くん

自分でジャニーズ事務所に入りたい!と履歴書を送り、3度目でようやくオーディションの連絡があり、合格

オーディション翌日「この世界はサプライズでできているんだから」とジャニー喜多川に促され『ザ少年倶楽部』収録に参加する。

A.B.C_Zの五関晃一に連れられ「ジュニアにQ」に初出演。

前日がオーディションだったことを明かし当時司会だったの小山慶一郎とKAT-TUNの中丸雄一を驚かせる。

引用元;Wikipedia

小学校5年生の時に見たドラマ、『クロサギ』の山下智久くんのタレント力・人間力に憧れを抱き、NEWSのコンサートに行ってさらに感動を覚える。

そこでジャニーズ事務所に入ろうと決心。

その年から毎年履歴書を送り、3度目(中1の2月オーディション)でようやく返事がきたそう。

ジャニーさんの机の上の一番上に松村北斗くんの履歴書があり、ちょうど目に止まって呼ばれたようです。

 

森本慎太郎くん

コンサート(Hey! Say! JUMP)を観に行った帰りに祖父母と食事をしていたところ、ジャニーさんに見初められ、そこでスカウト

ジャニーさんは慎太郎くんのことを、お兄さんの龍太郎くんと間違えて声をかけたようです 笑

2006年、小学3年生の時にジャニー喜多川の目に留まりオーディション無しでジャニーズ事務所に入所[7]、ジャニーズJr.として活動を始める。

翌年『2007 謹賀新年 あけましておめでとう ジャニーズJr.大集合』でコンサート初出演。すごいステージに立ってしまい全てが衝撃的だった、と当時を語る。

引用元;Wikipedia

厳密には同期はいないのですが、同時期に入所したのはSnowManの向井康二くんや岩本照くんだと言われています。

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

まだまだ認知度は高いとはいえませんが、世界を目指しているグループSixTONES。

全員が芸歴10年以上のちょっとしたベテラングループなんです。

辛いことも楽しいことも、酸いも甘いも山ほど経験してきた彼らが、デビューでどのように変化していくか楽しみです。

今後もどんどん成長して活躍していってほしいですねヽ(´▽`)/

 

おすすめPR
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です