【徹底調査】SixTONESデビュー曲の感想・評判は?YOSHIKIさんの想いも一緒にお伝えします!

スポンサーリンク

2020年1月22日にCDデビューが決まっているジャニーズ事務所所属のアイドルグループ、SixTONES(ストーンズ)。

彼らのデビュー曲『Imitation Rain』はX JAPANのYOSHIKIさんが楽曲を提供されたということで、世間からも注目されていますよね。

でも実はこの新曲、ファンの間でも賛否両論あるんです。

そこで今回は、SixTONESのデビュー曲『Imitation Rain』の世間の評判や感想についてみていきたいと思います。

先日放送された「新春SPECIAL MESSAGE YOSHIKI 2020」で語られた、YOSHIKIさんの想いも合わせてご紹介していますので是非ご覧くださいね。

スポンサーリンク

SixTONESデビュー曲はどんな曲?なぜYOSHIKIさんが提供したの?

SixTONESデビュー曲『Imitation Rain』はどんな曲?

作詞・作曲・編曲YOSHIKI

レーベルソニー・ミュージックレーベルズ

現在、You TubeにてMVの一部を見ることができます。

完全版ではないものの、デビューの意気込みが垣間見える力強いパフォーマンスですよね。

⬇︎メイキングも公開されています

⬇︎レコーディング映像が公開されました

 

 

なぜYOSHIKIさんが楽曲提供?

2019年の春頃、ジャニーズ事務所の滝沢秀明副社長(37)が都内で直接YOSHIKIさんに依頼をされたそうです。

もともとX JAPANのファンでもあった滝沢氏は「ダメ元のお願いでしたけど、後から後悔したくないので、精いっぱいSixTONESの良さをお伝えしたら、OKをいただけました」と感謝した。

※音楽ナタリーHPより引用

直談判とは・・・よほどの思い入れがあったのでしょうね。

ものすごく忙しくて、皆さんにご迷惑をかけるので断ろうと思っていた。
けれど、滝沢さんがものすごい熱心で、心を動かされた。
そしたら、帰りがけには『じゃあ頑張りましょう』ということになった(笑)

※「新春SPECIAL MESSAGE YOSHIKI 2020」無料放送分より引用

当時、YOSHIKIさんは私たちが想像しているより遥かに過密なスケジュールだったそうです。

さすが滝沢副社長ですね!

 

SixTONESのデビュー曲『Imitation Rain』感想・評判は?

肯定派の意見

特にアリーナコンサートでフルサイズの楽曲を聞かれた方は、皆さんとても興奮されていました。

どんどん期待が膨らみますね!

https://twitter.com/pinkym_amy_vote/status/1212642024802775040?s=20

https://twitter.com/xo_stxhkt_xo/status/1212641889167392768?s=20

何回聞いても飽きない!筆者もその1人です。

聞くたびに頭の中にメロディーが残るんですよね。

https://twitter.com/rt_6tones/status/1213501966493503488?s=20

静かだけれど印象的なメロディーが、何度も聞くことによってより一層引き立ち、ピアノの旋律と相まってまた違う良さが出てきますね。

改めて、そんなメロディーを生み出されるYOSHIKIさんの凄さを感じます。

 

否定派の意見

https://twitter.com/LeafTwe/status/1213042075861536770?s=20

音楽には色々な感じ方がありますもんね!

ジャニーズっぽくない、といいますか、YOSHIKIさんの世界観が強く出ている曲かなと思います。

確かに、インパクトって大事ですよね。

デビュー曲はこれから何度も何度も何度も・・・ずっと歌い続けます。

例えば紅白歌合戦であるとか、カウントダウンコンサートであるとかそういった場でも歌うことを考えると、キャッチーで大衆も歌いやすい曲の方がいいのかもしれませんね。

否定派のファンの皆さんは、曲が良い悪いというのではなく、デビュー曲としてこの曲はどうなのかな、とお話をされている印象ですね。

 

スポンサーリンク

楽曲提供・YOSHIKIさんの想いとは?

ニュースサイトでのYOSHIKIさんのコメント

少し長いですが、全文お伝えします。

YOSHIKI コメント

滝沢さんからお話をいただいたのは、ジャニーさんがご存命の頃でした。

あまりにも自分のスケジュールが過密だったため、安易に引き受けると後々ご迷惑をかけると思い、お断りするつもりでお会いしましたが、

滝沢さんの熱心な思いに心を打たれ、また「SixTONES」が海外での J-POP のイメージを一新させる可能性を秘めたグループだと確信したので、楽曲提供およびプロデュースを引き受けさせて頂きました。

楽曲については滝沢さんとも話し合い、意図的に“YOSHIKI メロディ”を取り入れました。

先見の明を持つ滝沢さんのもと、メンバー個々の魅力に加え、高度な歌唱力とパフォーマンス力を持つ「SixTONES」という素晴らしいグループが今後どのように進化していくのか、とても楽しみです。デビュー、おめでとうございます。

引用元;音楽ナタリー

こちらは、YOSHIKIさんが楽曲提供をすると発表された時に出された公式コメントです。

日本だけではなく、海外進出も狙っているSixTONESにとっては、なんて嬉しい言葉だったでしょう!

 

 

「新春SPECIAL MESSAGE YOSHIKI 2020」で語られた、YOSHIKIさんの想い

2020年1月3日に生放送された番組「新春SPECIAL MESSAGE YOSHIKI 2020」無料放送分で語られた、『Imitation Rain』楽曲制作の秘話や想いを簡単にまとめています。

 

  • 元々は2019年9月リリースの予定だったが、スケジュールが過密すぎてズレてしまった。
  • 先方(おそらく滝沢氏)からのリクエストとして、「X JAPANの楽曲で○○や○○が好きなのでYOSHIKI節を出して欲しい」というのがあった。
  • YOSHIKIさん個人として、自身の強みは『耳に残るメロディー』『何十年経過しても聞き続けられるメロディー』だと思うので、それを入れたいと思った。
  • まずはSixTONESメンバー全員の音域をチェック
     ▶︎チェストボイスとファルセット、いずれもどこまで出るかをチェックした。

  • メンバー6人のうち、京本くんは音域が高いからココを歌ってもらおう、など歌割りも決定
     ▶︎元々転調はなかったけど、この音域を出せるなら転調させよう、と彼に音域を合わせた。

  • やるからにはとことんやるタイプで、SixTONESについて時間の許す限り勉強した。デビューまで随分時間がかかった、など、彼らについて勉強して作った。
     ▶︎そしたら1曲作るのに6ヶ月くらいかかってしまった。

  • 完全にロックじゃいけないし、かといってダンスチューンにしたらYOSHIKIじゃ無くなるので、どちらにも聞こえるようにその間をとった。
  • ラップのところは、LAと日本でやり取りをしながらとても時間をかけて作った。

 

追記;デビュー日を迎えた、1月22日。

YOSHIKIさんからSixTONESへ祝福のお言葉がありました。

感慨深いですね・・・。

YOSHIKIさんの奏でるピアノの音色が鳥肌ものです。

デビュー曲がこの曲でよかった(゚´ω`゚)

おすすめPR
スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

『Imitation Rain』、個人的にはとても好きな楽曲です。

YOSHIKIさんは、SixTONESのことを「Jpopのイメージを一新させる可能性を秘めたグループだと確信した」とおっしゃっていましたよね。

滝沢氏からもYOSHIKI節を出して欲しいと依頼されていたようですし、「今までのジャニーズっぽくない!ポップでキャッチーなデビュー曲が良かったのに!」というのは、まさに狙いどおりだったのではないでしょうか。

そして、音域確認だけでなく、SixTONESというグループの歴史まで勉強されたと聞いて、YOSHIKIさんのプロ根性を感じました。

一生に一度しかない、デビュー曲。

何十年後までずっと愛される曲になるといいですね(´▽`)

おすすめPR
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です