【重岡大毅の演技力】上手い?下手?今までのドラマ出演歴やキスシーンもチェック!

スポンサーリンク

現在放送中の水10ドラマ『知らなくていいコト』に出演中の重岡大毅くん。

先日の第5話で突然のキスシーンがあり、ファンの方もざわついていました。

実はなんと、5クール連続でドラマ出演を果たしているんです。(ゲスト出演含む)

今回は、そんな重岡大毅くんの演技力についてみていきたいと思います!

気になるキスシーンや、今までの出演歴もまとめていますので是非見てみてくださいね。

 

スポンサーリンク

重岡大毅くんの演技は上手?それとも下手?世間の反応まとめ

現在放送中『知らなくていいコト』で野中春樹役を演じている重岡大毅くん。

主人公・ケイト(吉高由里子さん)にプロポーズを申し込みますが、後に殺人犯の娘と知ってしまい、別れを告げてしまう男性の役です。

役柄としてあまり良い役(好青年の役)ではないからかもしれませんが、今回、SNS上では演技に対する評価が分かれていますね。

演技力否定派の意見

ひどい言われよう 笑
こういう意見の方もいるということですね!

https://twitter.com/Br3Xa1/status/1225313330199314432?s=20

確かに、一般の方から見ると演技におぼつかない感じもあるかもしれませんね。

他にも、「棒読み」、「セリフの間が悪い」、「周りが上手い人ばかりだから下手さが目立つ」などの意見がありました。

 

スポンサーリンク

野中春樹というキャラクターが悪い!という擁護意見

確かに、いい役ではないんですよね 笑

女性からすると、イライラ・モヤモヤしちゃう役柄ですよね。

自分から別れておいて、今でもずーっと職場でケイトを見つめて気にしている春樹。

そして、新たに遊びと分かっている彼女まで!

スポンサーリンク

 

今までとは全く違う役を、とプロデューサーからも言われていますし、

わざとテンポをズラして見ていて気持ちの悪い間を作り出しているのかもしれませんね。

https://twitter.com/hahahahaha_826/status/1224175273672724482?s=20

こんな意見もありましたよ!

重岡くんはポリバレントな俳優さん

生粋の関西人で、今も関西人だけのグループで活動している重岡くん。

日頃の関西弁が抜けず、慣れない標準語を頑張っているため、そこに違和感が出てくるのは仕方ないかもしれませんね。

 

演技力肯定派の意見

今までも好青年の演じ分けをしてきただけあって、表情の作り方がうまいですよね。

やはり、表情の作り方や演じ分けを評価している方が多いですね。

 

スポンサーリンク

 

ちなみに、話題になったキスシーンはコチラ

https://twitter.com/ODCPBywejn9lZVW/status/1225052149849047041?s=20

そして、次週は相手のお部屋に・・・

 

おすすめPR
スポンサーリンク

重岡大毅くんの今までの主な出演作品は?

 

  • 『SHARK〜2nd Season〜』(2014年4月20日 – 7月13日、日本テレビ) – 主演・入江朔 役
  • 溺れるナイフ(2016年11月5日公開) – 大友勝利 役<映画>
  • 宇宙を駆けるよだか(2018年、Netflix) – 主演・火賀俊平 役
  • 節約ロック(2019年1月22日 – 3月26日、日本テレビ) – 稲葉コウタ 役
  • ストロベリーナイト・サーガ 第1話・第8話(2019年4月11日・5月30日、フジテレビ) – 大塚真二 役
  • これは経費で落ちません!(2019年7月26日 – 9月26日、NHK総合)- 山田太陽 役
  • 死役所 第6話(2019年11月21日、テレビ東京) – 高関一文 役
  • 知らなくていいコト (2020年1月8日 – 、日本テレビ) – 野中春樹 役

 

溺れるナイフ(2016年11月5日公開) 

菅田将暉さん、小松菜奈さん主演の悲しくも切ないストーリー

東京で雑誌モデルをしていた小学6年生の美少女望月夏芽は、ある日突然父の故郷である浮雲町(うきぐもちょう)に引っ越すことになる。

東京から遠く離れた田舎町には刺激がなく、自分が欲する「何か」から遠ざかってしまったと落ち込む夏芽だったが、長谷川航一朗(コウ)に出会い、強烈に惹かれていく。

引用元;Wikipedia

重岡大毅くん、初めてのキスシーンでも話題になりました。

主役でこそありませんが、物語に関わる重要な役柄であり、「いいヤツ」を好演しています。

 

宇宙を駆けるよだか(2018年、Netflix) 

こちらは地上波ではなく、Netflix限定のドラマとなっています。

『SHARK〜2nd Season〜』以来の主演ドラマ
(※同じジャニーズWESTメンバーの神山智洋くんとW主演)

こちらでは関西弁の好青年(しかも高校生)を演じており、重岡大毅くんのチャームポイントであるスマイルがバッチリ決まっています。

役柄も、クラスの中心的人物で誰にでも優しい、男子から好かれる本当にいい奴、ということで『知らなくていいコト』の野中春樹くんとは正反対の重岡大毅くんが見られますよ♪

今話題の女優さん「清原果耶さん」「富田 望生さん」と共演していますので是非見てみてくださいね。

 

スポンサーリンク

これは経費で落ちません!(2019年7月26日 – 9月26日、NHK総合)

昨年、NHKで放送されていたこちらのドラマ

石鹸(せっけん)メーカーの経理部に勤めるアラサー独身女子・森若沙名子(多部未華子さん)は、貸借対照表のごとく、「何事にもイーブンに生きる」をモットーに、回ってくる領収書や請求書をチェックする。

それぞれの伝票には、金額や最低限の事由しか書かれていない。だが、よくよく精査すると、そこにはこの経費に関わった人々の怪しい事実や、はたまた悩める人生まで見えてくるー。

引用元;NHK公式HP

営業部の若手エースで、奥手な森若さんにめげずにアタックする、お調子者だけど優しく笑顔がまぶしい好青年・山田太陽くんを演じました。

重岡くんはこのドラマで『第17回コンフィデンスアワード・ドラマ賞』「新人賞」を受賞したんですよ(´▽`) 

コミカルな脚本はもちろんですが、爽やか好青年役が重岡くん本人にピッタリはまっており、ファンだけではなく、視聴者や有識者からも高く評価されていました。

真っ直ぐに「好きです!」と言っていた演技は、気持ちがいいくらい爽やかでしたね。

視聴率が良かったため、年末年始にかけて再放送されていました。

ファンではない方からの褒め言葉はご本人も嬉しいでしょうね!

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

今回は、『知らなくていいコト』に出演中のジャニーズWEST、重岡大毅くんの演技についてみてきました。

現在の演技力としては・・・

  • 賛否両論あり!
  • 役柄の問題もある!
  • 標準語が怪しかったり、棒読みのセリフがあって残念
  • 関西弁の役や、爽やか好青年の役だと高評価!

といったところでしょうか。

ドラマも中盤まで進んでいますし、これからの重岡くんの演技にも注目していきましょう!

おすすめPR
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です